忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

e119277d.jpegどうでもいいですが、さつまいもよりじゃがいものほうが好きです。随分間を空けてしまいましたが、10/15発売の近代麻雀読み切り『プリンセス・プリズナー』後編と10/30発売ヤングキングアワーズの『ソレミテ』第4夜感想。

『プリンセス・プリズナー』の感想の方はなんだかこねくり回したあげくネガティブなものになっているような気もします。う~んイカンなぁ。




※以下ネタバレ注意

拍手[0回]

PR
アカギまだやってたんだ…またやってしまった…。感想書いてる途中に前のページに戻ってしまい完全に内容をロストしてしまいました。
正直もう一度同じ内容を書く気力も記憶も残っていません。
ですので、ややかいつまんだ形で感想を列記していきます。


この作品『プリンセス・プリズナー』は徹頭徹尾ツッコミどころ満載のバカマンガです。
秋葉原でコスプレ麻雀ということで、可愛らしい女の子たちがキャッキャウフフしながらゆるゆる麻雀を打つ作品を想像してしまいがちですが、そこはデラコーマンガ。


個性の一点のみにブーストをかけ、
仰々しい四字熟語の異名を背負い(しかも英語のルビ付き)、

リアルでちっとも可愛くねえ願望を胸に秘めながら女の子が死合うという作品になりました。

はっきり言って面白いです。『ソレミテ』に少なからず物足りなさを感じていた私には嬉しい内容。
しかも友人と自宅で打つ程度には麻雀が好きなものですから、俺得ですね。

主人公・東雲晶は過去のデラコー作品では珍しい造形。最終的にはいつもの漢女(おとめ)になるのですが、これまでと被らないように努めているように思えます。この作品のテーマでもある崖っぷち要素が巨額の借金という、麻雀漫画ではありがちなものだったのがやや残念。
また、声優の卵キャラが自分の声を売るために鳴き戦法をとるというのは感心しました。うまく融合させたな、と。
めがねメイド女王様は、まぁいつものデラコーキャラって感じですね。

肝心の麻雀要素は予想通りでした。むしろまともに麻雀してたのが意外というくらい(失礼)。
とは言え、前後編の2回(しかも1回24P)で濃密な麻雀を描けというのが無茶かもしれません。
若干捨て牌で気になるところがありますが…。以下反転。


雛森の鳴きが入ってるのに柳と月影の捨て牌の数が他と同じになってるのは間違いですよね?
とかいって私の方が間違ってたら恥ずかしいですが。


と、やらしいツッコミはここまでにして。
今回は本性(?)を現した晶が「さあ反撃だ!」というところで次回へ続くとなります。
近代麻雀が月2回連載で良かった!

いつ単行本になるかもわかりませんし、コンビニで大量に買えますからみなさん買いましょう。


 

拍手[1回]

HOME
カウンター
Googleボットチェッカー
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
フィウス
性別:
男性
趣味:
仕事中の妄想(ネタ作り)
自己紹介:
小野寺浩二先生の作品で同人活動をしている極少数派。あとはオリジナルとか。

好きな作品:妄想戦士ヤマモト、ジョジョ、吼えペン。ゲームならスパロボやアトラス作品。
pixivへの投稿
Twitter
最新コメント
[10/03 フィウス]
[10/02 無様な愚か者]
[07/21 フィウス]
[07/20 みゆみゆ]
[06/07 永田]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 松戸ラボラトリーweb出張所 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]