忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去2回松戸ラボラトリーとしてイベントに参加した際、「UFOおねぇさんが一番好きです」とか、「UFOおねぇさんでは何か描かないんですか?」という言葉を聞きました。正直、意外でした。

『UFOおねぇさん』は、『義経ちゃん剣風帖』にて時空を越えた王道ラブコメを描いた小野寺先生が、『義経ちゃん』とは違う形でラブコメを描いた作品です。
主人公であるリク(中学1年)は小野寺作品に登場する男キャラにしては珍しく少しヒネた性格をしています。ヤマモトたちがある意味純粋であるのに対して、リクは結構辛辣なセリフ(罵声ではなく、刺さる言葉)を吐きます。中学生の年代の斜に構えた感じ(大人ぶった、というか)をもったキャラです。もっと長く連載が続いていれば、成長していくところが丁寧に描かれたのでしょう。
対するヒロインのソラ(宇宙人)は天真爛漫、ストレートにリクに想いをぶつけます。そのストレートさはリクをして、「ズルイ」と言わしめます。
地球人と宇宙人、さらにソラのある過去による身体の脆弱性、地球で問題を引き起こす宇宙人とのバトル等々、一筋縄ではいかない小野寺節のラブコメ作品です。

中々面白い展開をみせそうな作品だったのですが…スパイスとして加えられた「宇宙人」という要素が、あまりにも作者の趣味全開で読者をボーゼンとさせてしまったように思われます。巫女服(正確には白拍子、義経ちゃんこと静流の衣装)に…まぁ言ってしまえば萌える人はいるでしょうが、さすがにグレイ(もう、まんまグレイ)に変身する美少女に萌える人は、やっぱりマイノリティでしょう。
残念ながら、1巻分で打ち切りとなってしまい、ラストは大人数による大団円へのなだれ込みENDとなりました。この終わらせ方、『聖乙女』でも使われました。小野寺先生の作品にはこの展開が多い気がします。『外道校長』も、『ヤマモト』もこのタイプですかね。少しでもキャラを拾ってやりたいのでしょう。
小野寺先生自身、この作品に対する心残りはあるようで、自身のサイトにて、もっと各キャラの話を描きたかったと書いておりました。

一つどうでしょう、同人誌で描くというのは…?
8fa70590.jpg
←いつかやってみたいデラコー作品によるスパロボ、略して『スパデラ』。
こういうの動かせる人、尊敬します。どうやってんだろ?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
Googleボットチェッカー
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
フィウス
性別:
男性
趣味:
仕事中の妄想(ネタ作り)
自己紹介:
小野寺浩二先生の作品で同人活動をしている極少数派。あとはオリジナルとか。

好きな作品:妄想戦士ヤマモト、ジョジョ、吼えペン。ゲームならスパロボやアトラス作品。
pixivへの投稿
Twitter
最新コメント
[10/03 フィウス]
[10/02 無様な愚か者]
[07/21 フィウス]
[07/20 みゆみゆ]
[06/07 永田]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 松戸ラボラトリーweb出張所 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]